みなさん、こんにちは。前回は、救急外来でも比較的よく遭遇するであろう敗血症性ショックの症例を提示しつつ、画像診断所見から患者さんの予後を推定する感覚を鍛えることが臨床能力を高めるために必要と説明しました。今回は、身体の中で生じていることを画像所見から正確にイメージするためのトレーニングをご紹介します。このイメージができれば疾患の病態理解が進み、より適切な治療を選択する基礎が作られます。

画像の異常所見は肉眼でも見てみよう!の画像