Cadetto.jpのロゴ画像

尿路感染症に気腫性変化の合併はかなり危険!

2017/10/06
原 正彦(日本臨床研究学会)
尿路感染症に気腫性変化の合併はかなり危険!の画像

 皆さんこんにちは。前回は、救急外来で最も頻繁に行う検査の一つであるCT検査を行う際、臓器の連続性を意識して読影することの大切さについて説明しました。今回は救急外来でも比較的よく遭遇するであろう敗血症性ショックの症例を提示します。ショック状態で来院した患者さんに対する基本的な治療プロトコールのおさらいと、原因疾患の特定時にその患者の予後を予測する感覚を鍛えることの大切さについて学んでいただければと思います。

著者プロフィール

原 正彦(JTMIVプロジェクト統括責任者)●はら まさひこ氏。2005年島根大卒。循環器医としてキャリアを積む傍ら、日本の臨床データを持って世界で勝負し、米国心臓協会(AHA)で若手研究員奨励賞を3度受賞。15年より日本の強みを生かして画像診断に特化した医学雑誌、The Journal of Typical Medical Images and Videos(JTMIV)の運営に取り組む。2016年より日本臨床研究学会代表理事。

連載の紹介

画像診断大国の若手医師へ
若手医師が知っておくと便利な画像診断に関するコラム。救急外来で身体診察と画像診断を駆使してビシバシ診断をつけ適切な治療を行っていく先輩医師の背中に追いつけ! 追い越せ!! 若手医師に役立つ基本的な疾患画像をご紹介します。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ