前回は、クリニカルイメージ(イメージ論文)は比較的短く、書くことが定型化しているため書きやすいとお伝えしました。今回は、イメージ論文を書くに当たっての「心構え」について述べてみたいと思います。といっても、綿密な計画が必要なわけではありませんし、臨床研究のように倫理委員会の承認を必要とすることも一般的には不要です。

論文掲載を狙いたい「バリュー雑誌」の画像