皆さん、外国人が救急外来を受診したらどうしますか? 英語なら話せるから大丈夫!と思っている方もいるかもしれません。しかし、2015年末時点での在留外国人数は約256万人であり、その国籍は約30%が中国、約20%が韓国です1)。つまり英語圏以外の外国籍住民が非常に多いのです。ある研究では、静岡県西部の医師の約60%が週1回以上、外国人患者を診療しているといいます2)

救急外来に外国人がやってきた!医療通訳、どうしていますか?の画像