Cadetto.jpのロゴ画像

働き方も魅力! ホスピタリストの勤務体制

2018/12/17
野木真将(米クイーンズメディカルセンター)
働き方も魅力! ホスピタリストの勤務体制の画像

 ホスピタリストは、病院内で急性疾患の入院管理を一手に引き受ける総合内科医のことです。私がホスピタリストとして勤務している米国ハワイ州のクイーンズメディカルセンターでは、約500床のうち約350床を総合内科で管理しています。

 20人のホスピタリストのうち9人はGeneral hospitalistと称して、個人で病棟患者を持ちます。勤務体制の基本は、1日12時間のシフト勤務を連続7日間行った後に7日間休暇というスケジュールです。これはseven on, seven off(7-on / 7-off)”と呼ばれます。

連載の紹介

あめいろぐ便り
米国で学び、働く日本人医療従事者が広く情報発信するブログサイト「あめいろぐ」。その執筆メンバーがCadetto.jp読者向けにオリジナル記事を書き下ろします。日本からは見えにくい米国医療の姿を内側から伝えます。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ