Cadetto.jpのロゴ画像

子どものメンタルヘルスを支える“resilience”とは

2012/03/26
奥沢奈那(米メリーランド大学児童精神科フェロー)

私はいま、思春期男子専門の急性期精神病棟で働いています。「急性期精神病棟」と漢字で書くと怖そうな印象ですが、患者さんのほとんどが保護者の承諾を得た任意入院で、症状を安定させてできるだけ早くご家庭、学校、コミュニティーに帰っていただくことが目標なので、平均入院日数は1週間程と、それほど長くありません。20床の病棟は常に満床で、子供達が毎日頻繁に入れ替わっています。

連載の紹介

あめいろぐ便り
米国で学び、働く日本人医療従事者が広く情報発信するブログサイト「あめいろぐ」。その執筆メンバーがCadetto.jp読者向けにオリジナル記事を書き下ろします。日本からは見えにくい米国医療の姿を内側から伝えます。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ