日経メディカルのロゴ画像

一生涯、産婦人科医を続けたい!

2010/04/28
吉田穂波
一生涯、産婦人科医を続けたい!の画像

 日本の周産期医療にウーマンパワーをもっと生かすにはどうしたらいいのでしょうか。そもそも日本の女性労働比率は欧米各国に比べて低いという事実があります。日本の女性労働比率のグラフを見ると「M字型」になっており、先進諸国の中でも、30―35歳の働き盛りの女性が離職する傾向が際立っています。

著者プロフィール

吉田穂波(ハーバード公衆衛生大学院リサーチフェロー)●よしだ ほなみ氏。1998年三重大卒後、聖路加国際病院産婦人科レジデント。01年名古屋大学大学院。ドイツ、英国、日本での医療機関勤務などを経て、08年ハーバード公衆衛生大学院。10年より現職。

連載の紹介

吉田穂波の「子育てしながらハーバード留学!」
米国ハーバード公衆衛生大学院で疫学の研究に従事する吉田穂波氏が、日米を往き来しながらの研究生活、子育て、臨床現場への思いなどを、女性医師として、産婦人科医として、4人の子の母親として、肌で感じたままにつづります。

この記事を読んでいる人におすすめ