日経メディカルのロゴ画像

iPhoneで流行状況をサーベイ―秋のH1N1に備えたボストンでの様々な取り組み

2009/09/10
iPhoneで流行状況をサーベイ―秋のH1N1に備えたボストンでの様々な取り組みの画像

 ここハーバードの各大学及び大学院では9月2日から新学期が始まりました。それに伴い、手洗いや咳エチケットでのH1N1予防を呼びかけるH1N1対策のチラシ、ポスター、テレビ画面が至る所で目につきます。こちらアメリカでは日本の携帯メール同様iPhone(アイフォーン)やblackberry(ブラックベリー)などの携帯端末を使ったコミュニケーションが盛んですが、9月2日付のハーバードの機関誌Gazetteにはハーバード関連施設の研究者による、iPhoneを使ったH1N1アウトブレイク早期発見システム"Outbreaks Near Me"に関する記事が載りました。

著者プロフィール

吉田穂波(ハーバード公衆衛生大学院リサーチフェロー)●よしだ ほなみ氏。1998年三重大卒後、聖路加国際病院産婦人科レジデント。01年名古屋大学大学院。ドイツ、英国、日本での医療機関勤務などを経て、08年ハーバード公衆衛生大学院。10年より現職。

連載の紹介

吉田穂波の「子育てしながらハーバード留学!」
米国ハーバード公衆衛生大学院で疫学の研究に従事する吉田穂波氏が、日米を往き来しながらの研究生活、子育て、臨床現場への思いなどを、女性医師として、産婦人科医として、4人の子の母親として、肌で感じたままにつづります。

この記事を読んでいる人におすすめ