日経メディカルのロゴ画像

ハーバードの教育方法(その1)
Summer sessionで働きながら修士号

2008/07/07
Summer sessionで働きながら修士号の画像

 1年間、ハーバード公衆衛生大学院(HSPH)で学んできたわけだが、やはりカルチャーショックだったのは、教育システムの違いだった。今回から数回にわたり、ハーバードの教育方法について紹介したい。日本でも公衆衛生大学院が次々とできているようであるが、何かしらの役に立てれば幸いと思う。

著者プロフィール

内山 伸(ハーバード公衆衛生大学院生)●うちやま のぼる氏。1999年佐賀医大(現佐賀大学)卒後、1999〜2001年聖路加国際病院内科レジデント、2001年同チーフレジデント、2002年同病院呼吸器内科。2007年7月留学。

連載の紹介

内山 伸の「ハーバード留学日記」
2007年7月から1年間、米国ハーバード公衆衛生大学院(Harvard School of Public Health)に留学した内山氏。日々の授業の内容や米国の医療事情、ボストンでの生活を紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ