日経メディカルのロゴ画像

米国医療のリスク管理、キーワードは1%、600万円、10年

2008/04/19

 リスクマネジメントについての勉強会をお願いするために、医療リスクマネジメント組織、CRICO/RMFのルーク・佐藤氏にお会いした。アメリカの医療訴訟やリスクマネジメントについての概説を聞かせてもらったところ、どうやらキーとなる数字は、「1%」「600万円」「10年」のようだ。

著者プロフィール

内山 伸(ハーバード公衆衛生大学院生)●うちやま のぼる氏。1999年佐賀医大(現佐賀大学)卒後、1999〜2001年聖路加国際病院内科レジデント、2001年同チーフレジデント、2002年同病院呼吸器内科。2007年7月留学。

連載の紹介

内山 伸の「ハーバード留学日記」
2007年7月から1年間、米国ハーバード公衆衛生大学院(Harvard School of Public Health)に留学した内山氏。日々の授業の内容や米国の医療事情、ボストンでの生活を紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ