日経メディカルのロゴ画像

「におい」で異国を感じる―さてボストンは

2007/07/04
「におい」で異国を感じる―さてボストンはの画像

 その地を訪れたものしか体験できないものの一つに、その土地特有のにおいがある。技術が発達した現代では、その場所を訪れなくても鮮明な写真やビデオで風景を楽しむことができるが、においを体験することはできない。学生のころに数回アジアを訪れたことがある。空港に着いて一歩外に出ると、日本では経験したことがないにおいを感じた。例えば、タイはそれこそトムヤムクンをはじめとするスパイスのにおい、韓国はキムチのにおいなど、その土地を代表する食文化のにおいを感じることがある。

著者プロフィール

内山 伸(ハーバード公衆衛生大学院生)●うちやま のぼる氏。1999年佐賀医大(現佐賀大学)卒後、1999〜2001年聖路加国際病院内科レジデント、2001年同チーフレジデント、2002年同病院呼吸器内科。2007年7月留学。

連載の紹介

内山 伸の「ハーバード留学日記」
2007年7月から1年間、米国ハーバード公衆衛生大学院(Harvard School of Public Health)に留学した内山氏。日々の授業の内容や米国の医療事情、ボストンでの生活を紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ