日経メディカルのロゴ画像

専門医の「数」を減らさなければ「質」を保てない

2009/01/22

 前回、国民が望むような、健康管理や日常の指導ができる医師、総合的に患者を診ることができる医師がどんなものかコンセンサスを形成して、その上でそういう医師を育てるシステムを作らなければいけないとお話ししました。

著者プロフィール

土屋了介(国立がんセンター中央病院院長)●つちや りょうすけ氏。1970年慶応義塾大卒。慶応病院外科、国立がんセンター病院外科を経て、2006年より現職。

連載の紹介

土屋了介の「良医をつくる」
「良医を育てる新しい仕組みをみんなで作り上げよう」。医学教育、専門医制度の論客として知られる土屋氏が、舛添厚労大臣直轄の会議と同時進行で議論のタネを提供。医師、医学生、医療関係者から広く意見を募ります。

この記事を読んでいる人におすすめ