日経メディカルのロゴ画像

フィリピン弾丸ツアーで見たホンモノの国際医療支援

2013/03/06
手取屋岳夫
フィリピン弾丸ツアーで見たホンモノの国際医療支援の画像

 僕がヨーロッパにいた時の友人で、韓国人心臓外科医のDr. Luke Kim。彼のライフワークは「国際的医療支援」です。それも、“自分でできる範囲での国際協力”というスタンスで、韓国の様々な分野の人たちと、フィリピンやカンボジアを中心に医療支援を実行しています。今年、念願かなってLukeの活動に参加することができました!それも現地滞在36時間の弾丸ツアーです。

著者プロフィール

手取屋岳夫●てどりや たけお氏。1987年金沢大医学部卒。92年同大大学院卒。95年ドイツベルリン心臓センター。00年シドニーセントビンセント病院心臓肺移植ユニット。02年昭和大横浜市北部病院循環器センター助教授。04年同大胸部心臓血管外科主任教授。12年上尾中央総合病院心臓血管外科。

連載の紹介

手取屋岳夫の「外科道日誌」
気付けば四半世紀も心臓外科をやってしまった!大学教授をクビになった一人の心臓外科医として、成熟しきっていない社会人として、これからの日本の医療を担う人たちへチョロッとしたメッセージを送ります!

この記事を読んでいる人におすすめ