日経メディカルのロゴ画像

「失敗の後始末」は、医療での責任の取り方ではない

2010/12/10

 最近よく、内田樹さんの著作を読んでいます。おじさん的「街場シリーズ」から「日本辺境論」までそこそこ読んでいます。その内容を医療の現場に照らし合わせて、「なるほど」って思うことも少なくありません。

連載の紹介

昭和大元教授「手取屋岳夫の独り言」
「最近の日本の医療って、ちょっとおかしくない?」…と愚痴は出るものの、医師という仕事はやっぱり素晴らしい!一外科医として、大学教授として、教育者として感じた喜び・憤り・疑問などを、時に熱く、時には軽〜く、語ります。

この記事を読んでいる人におすすめ