日経メディカルのロゴ画像

「その演技力なら医者をだませる」―詐欺グループがうつ病を装い約5500万円を詐取

2009/04/03

 当地札幌で、うつ病を装った健康保険の傷病手当詐取事件が立件されました。北海道新聞の一連の報道によると、この事件の手口は次のようなものでした。今回詐欺罪で逮捕された札幌市内の会社役員は、3年前に実態のない貴金属輸入販売会社を設立。全国7カ所に架空の支店を置き、約20人の社員にうつ病と偽らせて、傷病手当金を申請させていました。道警は、会社設立の目的自体が手当金の詐取で、約7都道府県の社会保険事務局から計5500万円を受給し、社員と山分けしていたとみているようです。

著者プロフィール

竹中郁夫(もなみ法律事務所)●たけなか いくお氏。医師と弁護士双方の視点から、医療訴訟に取り組む。京大法学部、信州大医学部を卒業。1986年に診療所を開設後、97年に札幌市でもなみ法律事務所を開設。

連載の紹介

竹中郁夫の「時流を読む」
医療のリスクマネジメントを考えるには、医療制度などの変化に加え、その背景にある時代の流れを読むことも重要。医師であり弁護士の竹中氏が、医療問題に関する双方向的な意見交換の場としてブログをつづります。

この記事を読んでいる人におすすめ