日経メディカルのロゴ画像

北欧、どうでしょう?――ある経済雑誌の特集に思う

2008/01/15

 「飛ぶことができるバンブルビー(マルハナバチ)」、それが北欧モデルの成功の秘密である。物理学の法則からすれば、羽の力に比べて体重が重すぎるバンブルビーは飛べないはずである。それでも実際には飛んでいる。それと同様に、高い税率、手厚すぎる失業保険、所得の行き過ぎた平等を特徴とする経済も成功するはずがないとエコノミストは指摘するが、実際には成功している。その肝は、「黄金の三角形」、つまりマクロ経済の安定、成長に即する柔軟でグローバル化した労働市場、そして小さい所得格差と社会保障の充実という3要素による相互のシナジー効果が成功につながっているというのです。

著者プロフィール

竹中郁夫(もなみ法律事務所)●たけなか いくお氏。医師と弁護士双方の視点から、医療訴訟に取り組む。京大法学部、信州大医学部を卒業。1986年に診療所を開設後、97年に札幌市でもなみ法律事務所を開設。

連載の紹介

竹中郁夫の「時流を読む」
医療のリスクマネジメントを考えるには、医療制度などの変化に加え、その背景にある時代の流れを読むことも重要。医師であり弁護士の竹中氏が、医療問題に関する双方向的な意見交換の場としてブログをつづります。

この記事を読んでいる人におすすめ