日経メディカルのロゴ画像

カリスマ理事長の解任劇―医療法人はどこへ行く

2007/09/13

 「うちの御大もアクが強いからなあ」。数年前、学会で札幌にやってきたネット知人の助教授を迎えて知り合い数人で一献傾けようと集まった席で、今回の騒動が起こったある医療法人に属する青年医師がつぶやきました。しかし、そのときは、このカリスマ理事長が後に突然解任されることになるなどとは夢にも思わず、みんなで「どこまで拡大主義を続けるおつもりなんだろう。お歳にしてはすごい勢いだね」などと酒の肴にするばかりでした。

著者プロフィール

竹中郁夫(もなみ法律事務所)●たけなか いくお氏。医師と弁護士双方の視点から、医療訴訟に取り組む。京大法学部、信州大医学部を卒業。1986年に診療所を開設後、97年に札幌市でもなみ法律事務所を開設。

連載の紹介

竹中郁夫の「時流を読む」
医療のリスクマネジメントを考えるには、医療制度などの変化に加え、その背景にある時代の流れを読むことも重要。医師であり弁護士の竹中氏が、医療問題に関する双方向的な意見交換の場としてブログをつづります。

この記事を読んでいる人におすすめ