日経メディカルのロゴ画像

自治体病院の「カルロスゴーン」

2006/08/29

 医療系ジャーナルだけでなく、先日は一般の週刊誌にも取り上げられました。医療界の「カルロスゴーン」と呼ばれる武弘道・川崎市病院事業管理者のお話です。氏の語り口は、歯に衣着せず鮮やかです。氏いわく、病院は企業である。やり方によってどんどん発展もすれば凋落もしていく。

著者プロフィール

竹中郁夫(もなみ法律事務所)●たけなか いくお氏。医師と弁護士双方の視点から、医療訴訟に取り組む。京大法学部、信州大医学部を卒業。1986年に診療所を開設後、97年に札幌市でもなみ法律事務所を開設。

連載の紹介

竹中郁夫の「時流を読む」
医療のリスクマネジメントを考えるには、医療制度などの変化に加え、その背景にある時代の流れを読むことも重要。医師であり弁護士の竹中氏が、医療問題に関する双方向的な意見交換の場としてブログをつづります。

この記事を読んでいる人におすすめ