日経メディカルのロゴ画像

目指せプロフェッサー! Vol. 7
グラントを取れなければ途中でクビ?

2008/03/11
グラントを取れなければ途中でクビ?の画像

 意気揚々とVCU腫瘍外科フェローシップを始め、すべてが順風満帆な気がしているときに、フェローシップが活動停止になるといううわさを耳にした。もしこれが本当ならば僕の今後のキャリアへの影響は甚大なので、腫瘍外科のトップ、ハリー・ベア主任教授へ真偽を確かめにいきました。彼はプログラム・ディレクターも兼任しているので、フェローシップの最高責任者なのです。

著者プロフィール

高部和明(米バージニア州立大学腫瘍外科クリニカルフェロー)●たかべ かずあき氏。1992年新潟大卒。米ソーク研究所に研究留学し学位取得。UCSD外科レジデンシープログラム修了後、06年から現職

連載の紹介

高部和明の「アメリカで外科医」
腫瘍外科クリニカルフェローとして臨床・研究に従事する高部氏が、米国の医療現場で「今」起こっていることを現地報告。米国で臨床医として生き残るために格闘する生の姿をお伝えします。

この記事を読んでいる人におすすめ