日経メディカルのロゴ画像

裸の王様ならぬ「裸の院長」見聞録

2012/06/27

シューーッ、シューーーーーッ…。
隣の院長の診察室からスプレーを噴射する音が聞こえ、しばらくすると人工的な花の香りが漂ってきました。

「どうしたの?」スタッフに尋ねると「消臭スプレーです。診察室が臭いんです!」との返事。“グルメ”の院長は、ウィークデーでもニンニクたっぷりのステーキや、お酒もたくさん召し上がります。「ニンニクの匂い?」と聞くと「そうじゃなくって…」と口ごもるスタッフ。

若い女性の多い職場なので、オジサンの臭いが許せないのかも。そう思い「ひょっとして…加齢臭?」と尋ねてみると、「そうじゃなくて…。院長の口臭がひどいんです!」というのです。もう1人のスタッフも「隣で仕事してると、もう本当にスゴイ臭いなんです!」とうなずきました。

これはデリケートな問題で、ご本人には伝え難いものがあります。「マスクして自衛するしかないねぇ」という私に、スタッフは「ウチはマスク禁止で…。あのニオイを嗅いでいると頭が痛くなってくるんですよね…」と憂鬱そうでした。

著者プロフィール

さかい あい(ペンネーム)●アラフォー、独身の女性フリー眼科医。関西在住。十数年の病院勤務後、一身上の都合でフリーに転身、町の眼科クリニックに勤務。仕事は結構忙しいが、オン/オフはっきりした生活をエンジョイ中。

連載の紹介

さかいあいの「今日はどないしはったん?」
関西在住の女性フリー眼科医、さかいあい氏によるエッセイ。日々の診療や患者さんのこと、趣味や楽しみ、気になる事件など、話題てんこ盛りです。ブログタイトルは、さかい氏が診察を始めるときの決まり文句。

この記事を読んでいる人におすすめ