日経メディカルのロゴ画像

島医者にとって離島は無医村
藤原 昌平(波照間診療所)

2009/09/28
島医者にとって離島は無医村の画像

 今回は私が感じた離島医療の難しさについて書いてみたい。島に赴任してから、私は同業者と話す機会がめっきり少なくなった。昔の同僚に島での愚痴をこぼそうにも、離島という特殊な状況に実感がわかず理解してもらえないことが多い。

連載の紹介

離島医師たちのゆいまーる日記
沖縄県の離島診療所で働く、出身県も経験年数もさまざまな10人の医師が、診療だけにとどまらない日々の生活をつづります。「ゆいまーる」とは沖縄方言で相互扶助の意味。「ゆいまーるプロジェクト」は沖縄県の離島で働く医師たちが集う組織です。現在の執筆者は。「こちら
「ゆいまーる日記」が電子書籍になりました

 2009年から3年間、沖縄の離島で働く若い先生方に持ち回りで執筆していただいた「離島医師たちのゆいまーる日記」。連載のうち、選りすぐりの60本を再編集の上、電子書籍にまとめました。離島で1人で働く医師にはどのような役割が求められるのか、休みは取れるのか、家族はどうなるのか、島の人たちとの関係はどうなのか――。現場の話がぎゅっとつまった書籍となっています。

この記事を読んでいる人におすすめ