日経メディカルのロゴ画像

患者さんが「死んだネズミの臭い」を訴えてきたら

2013/11/22

 (お断り:今回のブログは、汚いものが苦手な方、つわりの最中の方などは、読まない方がよいかもしれません……。)

 「胸が苦しいと言いながら握り拳を作っているときは心臓を疑え」、「胸が燃えるようだと言っているときは胃炎を疑え」など、NPNurse Practitioner)の学校では多くの時間をかけて、患者さんの言葉から的確な診断を進めるすべを教わる。これは医学校でも同じだろうが、非常に重要なスキルの一つだ。

 NP教授たちが伝授してくれた、「患者さんが、クモを見ていないのにクモにかまれたと訴えたときは、MRSAによる蜂窩織炎(ほうかしきえん/cellulitis)であることが多い」というルールは、教科書には載っていないが、何度となく役に立った。皮膚の破れた部分がクモにかまれた跡のように見えるらしい。 そのため、「クモ」の訴えがあれば、普通の蜂窩織炎に処方する抗生物質ではなく、MRSAにも効くものを処方する。

 ちなみに、私が学生だった頃と違って、ここ数年、MRSAは非常に増えている。特にここニューヨークでは、蜂窩織炎の原因はかなりの割合でMRSAなので、MRSAにも効くスルファメトキサゾール・トリメトプリム配合薬などを処方することが非常に多い。

 婦人科の授業では、NP教授に「患者さんが『死んだネズミの臭い』を訴えてきたとき」のルールについて教わった。そのときは「そんなばかな! 一体誰が“死んだネズミ”なんて口にするものか!」と思ったが、いやはや、この教授は正しかったことが後になって証明された。

 さて、「死んだネズミの臭い」が何を指すのか、お分かりだろうか?

著者プロフィール

緒方さやか(婦人科・成人科NP)●おがた さやか氏。親の転勤で米国東海岸で育つ。2006年米国イェール大学看護大学院婦人科・成人科ナースプラクティショナー学科卒。現在、カリフォルニア州にあるカイザー病院の内分泌科で糖尿病の外来診察を行っている。

連載の紹介

緒方さやかの「米国NPの診察日記」
日本でも、ナースプラクティショナー(NP)導入に関する議論が始まった。NPとは何か?その仕事内容は?米国で現役NPとして働く緒方氏が、日常診療のエピソードなどを交えながら、NPの本当の姿を紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ