日経メディカルのロゴ画像

「似合いの夫婦」との思いが見誤らせたもの

2012/07/09

 その華やかな容姿をした40代後半の女性Yさんは、 夫に付き添われてクリニックにやってきた。1年ほど前に結婚し、エクアドルからニューヨークに移住してきたばかりだという彼女は、目鼻立ちが美しいのはもちろん、まるで女優のようにメリハリのある体の線がタイトな洋服越しにもよく分かった。彼女の方は初診だが、少し年下の夫は、もう何年も当院でほかの医師にかかっている。

著者プロフィール

緒方さやか(婦人科・成人科NP)●おがた さやか氏。親の転勤で米国東海岸で育つ。2006年米国イェール大学看護大学院婦人科・成人科ナースプラクティショナー学科卒。現在、カリフォルニア州にあるカイザー病院の内分泌科で糖尿病の外来診察を行っている。

連載の紹介

緒方さやかの「米国NPの診察日記」
日本でも、ナースプラクティショナー(NP)導入に関する議論が始まった。NPとは何か?その仕事内容は?米国で現役NPとして働く緒方氏が、日常診療のエピソードなどを交えながら、NPの本当の姿を紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ