日経メディカルのロゴ画像

日本国民は米国民よりもNPに好意的?

2010/05/13

 厚生労働省は今月より、特定看護師の業務範囲を具体的に検討する「チーム医療推進会議」が立ち上げるという。だが、看護師がどのような業務を、どこまで行うべきかについては、国民の声も聞いて考えていくべきだ。特別の訓練や教育を受けた看護師が拡大された役割で診療行為に関わることに対して、一般の国民がどう考えているか、わずかだが日本での調査報告が出ている。今回はこれらの報告の内容を紹介したい。

著者プロフィール

緒方さやか(婦人科・成人科NP)●おがた さやか氏。親の転勤で米国東海岸で育つ。2006年米国イェール大学看護大学院婦人科・成人科ナースプラクティショナー学科卒。現在、カリフォルニア州にあるカイザー病院の内分泌科で糖尿病の外来診察を行っている。

連載の紹介

緒方さやかの「米国NPの診察日記」
日本でも、ナースプラクティショナー(NP)導入に関する議論が始まった。NPとは何か?その仕事内容は?米国で現役NPとして働く緒方氏が、日常診療のエピソードなどを交えながら、NPの本当の姿を紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ