日経メディカルのロゴ画像

医“述”者として書く―自己紹介を兼ねて

2011/06/21
小鷹昌明

 2回目の掲載の機会を与えていただいた。まだまだ序盤であるからして、読者の皆さんには、僭越ながら私のことをもう少し解ってもらいたいと願っている。それには、かつて私が書いた文章を読んでいただくのがもっとも早いのだが、「とりあえず読んで理解しておいてください」などと、そんな高飛車なことはさすがに言えない。 だから、スーパーダイジェスト方式に自己紹介を兼ねて、“論述する”ということに対する私なりの考えを示しておきたいと思う。

著者プロフィール

小鷹昌明(南相馬市立総合病院神経内科)●おだかまさあき氏。1993年卒後、某大学神経内科に所属し、病棟医長、医局長、准教授を歴任。一念発起して2012年4月から現職。「今、医療者は何を考え、どうすべきか」をテーマに、現場から情報発信を続ける。

連載の紹介

小鷹昌明の「医師人生・四“反省”期」
医学部入学から四半世紀になろうとしている小鷹氏。自分の医師人生を四“反省”期として振り返ります。医療・医学、社会問題・社会現象、人間関係・生き方、自らのこだわりといった4つのテーマについて、様々な角度から語ります。

この記事を読んでいる人におすすめ