日本は今後、未曽有の人口減少・少子高齢化により医療ニーズが激変する一方、提供サイドでは働き手不足が大きな問題となります。これまで大きな制度改正の度に幾度となくアップデートを重ねてきた病院経営。しかし、かつてない激動の時代を前に、さらなるバージョンアップが求められます。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、6月号の特集「次なる『病院経営5.0』」で、2025年以降の病院経営のあり方を展望しました。

「2025年」の先、あなたの病院は生き残れる?の画像

ログインして全文を読む