消費者の権利意識の高まりに伴い、患者・利用者からのクレームやトラブルが増え続ける医療業界。過剰な要求を執拗に繰り返すヘビークレーマーのさらなる増加が危惧されるほか、ここ数年、ネットでの医療機関への誹謗中傷などが目立ってきています。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、5月号の特集「医療・介護のトラブル・クレーム最新事情~在宅の暴力・ハラスメントが顕在化~」で、時代とともに変わるトラブルの内容、対応への心構えなどを紹介しました。

医師のネット風評被害、急増中のケースは…の画像

ログインして全文を読む