2018年度診療報酬改定では地域包括ケア病棟入院料の在宅復帰率に関する計算式が変更。在宅復帰先とみなされる対象施設が見直された結果、病院経営に大きなインパクトを与えました。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』の 人気コラム「コンサルタント工藤高の病院経営最前線」。12月号の記事では、改定に伴う算定要件見直しに翻弄される医事課長をサポートすべく、MMオフィス代表の工藤高氏が奮闘しました。

「在宅復帰率」基準に翻弄された病院の末路の画像

ログインして全文を読む