2019年4月以降、「働き方改革関連法」が順次施行されます。年次有給休暇を年10日以上付与される労働者の場合、有休を5日以上消化させることを使用者に義務化。さらに残業時間の上限として「単月100時間」「連続する2〜6カ月の平均80時間」などの要件が設けられます。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、11月号の特集「施行まで5カ月切る! 働き方改革関連法、どう対応?」で、来年4月までに最低限すべきことを整理するとともに、有休取得率アップや残業時間削減を実現している医療・介護現場の取り組みをリポートしました。

「誕生日休暇」「子の行事休暇」導入の成果は?の画像

ログインして全文を読む