医療から介護へのスムーズな移行を進める国の政策の下、入退院支援に対する報酬評価が充実してきています。近年の診療報酬改定では点数の新設が相次ぎ、要件の緩和により算定のハードルも低くなりました。入退院支援に関わる点数を積み上げれば多額の収入になるため、積極的に取り組む医療機関が増えています。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、10月号の特集「報酬評価充実の入退院支援 算定件数はこう増やす!」で、先進的な病院の取り組みから、多職種の適切な介入など算定件数を増やすためのポイントを紹介しました。

好機! 「入退院支援」が新たな収入アップの道の画像

ログインして全文を読む