2018年度診療報酬改定では、入院医療や外来医療においても在宅医療の提供実績を要件とする上位の報酬が設定され、中小病院や診療所の在宅医療への進出を強く誘導する内容になりました。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、9月号の特集「在宅医療は“総力戦”に突入! 2018年度改定で現場はこう変わった」で、報酬改定の中身や、「新たな使命」を担う中小病院・診療所の取り組みを解説しました。

中小病院が国から託された「新たな使命」とは?の画像

ログインして全文を読む