2018年度診療報酬改定で見直された「重症度、医療・看護必要度基準」。看護必要度Iの基準は満たせる見通しが立ったものの、新手法の看護必要度IIにどう対応すべきか――。そんな悩みを持つ急性期病院は多いようです。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、7月号の特集「急性期病院を悩ます新看護必要度基準」で、改定後の最新動向や先進病院の取り組みを紹介しました。

悩ましい新・看護必要度、先進病院の対策は?の画像

ログインして全文を読む