認知症高齢者の急増に伴い、今後は認知症ケアを専門に行うかどうかにかかわらず、基礎疾患として認知症のある高齢者への対応が求められます。国も受け入れを促すために報酬などのインセンティブを設けており、認知症ケアに関する研修の実施、人員配置の見直しなどにより、早期に受け入れ体制を整備することが安定経営の鍵となりそうです。 医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、4月号の特集「認知症700万人時代に先手を打つ!」で、診療報酬・介護報酬で認知症ケアが手厚く評価されているトレンドを解説するとともに、先行事例を基に認知症高齢者にどう対応すべきかを探りました。

認知症700万人時代、数少ない収入アップの道の画像

ログインして全文を読む