日経メディカルのロゴ画像

「専門医がいる」と言いたいだけの病院は切りました
大学教授が明かす「こんな病院に医師は派遣しない」

2013/06/14

 以前に比べれば力も弱まったといわれる大学医局。とはいえ、病院経営者が医師確保を考える場合、無視できない存在であるのは今も変わりません。

 『日経ヘルスケア』6月号の特集企画のテーマは「医師採用」。記事中では、内科系の現役教授A先生と外科系の元教授B先生に匿名で登場していただき、「こんな病院には医局員を派遣しない」とのお題でざっくばらんに語っていただきました。

就任後、派遣先を一気に「整理」しました
 A先生によると、市中病院からの医師派遣の要請は相変わらず多くあり、月4、5回は「医局員を派遣してほしい」とお願いされるとのこと。選ぶポイントは、医局員が専門性を発揮できるかどうか。就任後、すべての関連病院に実際に足を運んでふさわしい病院であるかどうかを確認し、その上で派遣先をばっさりと「整理」したそうです。

連載の紹介

日経ヘルスケアon the web
医療と介護の経営専門誌「日経ヘルスケア」は、行政動向に関する深い分析と徹底した現場取材を通じ、厳しい環境下で勝ち抜くためのマネジメント情報を提供しています。創刊は1989年。専門記者の手による記事は、開業医や病院長の先生方など2万人近い読者に支持していただいています。このブログでは、話題の経営トピックスを盛り込んだ最新号の内容を、ちょっとだけですがご紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ