日経メディカルのロゴ画像

入居者の3分の2は要介護者
「サ付き住宅」開設1年超の平均入居率は87%

2013/05/10

 高齢者住宅財団はこのほど、サービス付き高齢者向け住宅サ付き住宅)の入居者像や併設サービスなどの実態に関する調査結果を公表しました。

 サ付き住宅とは、見守りや安否確認などの生活支援サービスの提供を義務づけられている高齢者住宅で、今、急激に増えています。2011年10月に創設されたばかりの新しい住宅制度ですが、2013年4月末時点での棟数は3425に上り、登録戸数は11万134にもなります。まさに建築ラッシュの様相で、退院患者の受け皿として医療法人が手がける住宅も多く見られます。

 今回の調査結果は、サ付き住宅の入居者像や提供サービスの実態に関する初の本格的なデータといえます。

連載の紹介

日経ヘルスケアon the web
医療と介護の経営専門誌「日経ヘルスケア」は、行政動向に関する深い分析と徹底した現場取材を通じ、厳しい環境下で勝ち抜くためのマネジメント情報を提供しています。創刊は1989年。専門記者の手による記事は、開業医や病院長の先生方など2万人近い読者に支持していただいています。このブログでは、話題の経営トピックスを盛り込んだ最新号の内容を、ちょっとだけですがご紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ