成人2型糖尿病(以下糖尿病)治療におけるHbA1cの目標値を7~8%とする米国内科学会(ACP)のガイダンスに対し、長年にわたって目標値を7%未満とする強化療法を推奨してきた米国糖尿病学会(ADA)が直ちに反対声明を出したのが昨年3月のことです。

強化療法論争の先にある糖尿病治療の未来の画像

ログインして全文を読む