日経メディカルのロゴ画像

医学部では教えない、ある法医学者の「業績」

2015/02/04
池田正行

 北陵クリニック事件1)で再審弁護団長を務める阿部泰雄弁護士と打ち合わせをしていた時のことです。懐かしい名前を交えた医学教育談義に花が咲きました。

「池田先生、この再審請求審の最大の特徴をご存じですか?」

「うーん、特徴がたくさんありすぎて、どれが最大か、さっぱり見当がつきませんね」

「それは御用学者が一人も出てこないことです」

「えーっ、だって阿部さん、質量分析と臨床診断の両面で、これだけでっち上げがはっきりしていれば、誰も出て来られるわけないですよ。御用学者が出て来ないのは特徴でも何でもない」

「そう思うでしょ、ところがひどいもんですよ、他の冤(えん)罪事件では、必ず御用学者が出てきて、言い掛かりをつけるんです。それが再審請求棄却の最大の根拠になるんです。元祖御用学者の古畑種基なんか、いくつ冤罪を作ったことか」

「やっぱり、有名なんですね。彼のことは」

「そりゃあ、もちろんですよ、法曹資格を持っている人間なら古畑の名前は誰でも知っていますよ。医学部でも習うでしょ、日本一有名な御用学者として」

「いやあ、私は学生時代、彼の直弟子に法医学の講義を受けたものですから、彼の名前は“禁句”だったようで」

「直弟子だっただけに師匠の悪行の数々を知り抜いていたわけですね?」

「まあ、そういう見方もあるかと」

「それにしても古畑のことを教えない医学教育って一体どうなってるんですか?」

「自らの教育能力に謙虚な教授たちが、学生たちの独立自尊の姿勢を尊重しているんですよ。自分のような無能な教官など当てにせず、大切なことは自分で勉強しなさいって」

「さすが池田先生、教授を経験しているだけあって、医学教育の実情もよくご存じだ」

文化勲章を受けた法医学者の「業績」
 古畑種基(1891~1975年)は、1923年、32歳の若さで金沢医科大学(旧制)法医学教授となり36年には東京大学教授、47年学士院会員、56年には文化勲章を受章した、日本で最も有名な法医学者です。しかし彼の死後、その輝かしい経歴は完全に暗転しました。77年弘前事件(那須事件)(懲役15年)、84年財田川事件(死刑)と松山事件(死刑)、89年島田事件(死刑)と、彼が鑑定を行った4つの殺人事件のすべてが冤罪だったことが、いずれの事件でも確定判決後20年以上も経ってようやく認められたのです。

 特に弘前事件の再審は非常に興味ある経過をたどりました。1971年に真犯人が名乗り出て鑑定がでっち上げだったことが判明していたにもかかわらず、74年12月に仙台高裁刑事第一部は再審請求を棄却しました。ところがなんと同じ仙台高裁の刑事第二部が、わずか1年半後の76年7月に刑事第一部の棄却決定を取消し再審開始を決定、翌77年2月に再審終了という神速で無罪が確定しました。

 裁判所は、棺を覆ってから古畑の評価を定めたばかりでなく、冤罪の判断根拠が古畑鑑定の真偽ではなく彼の没年であることを明確に示したというわけです。これほどまでに彼の冤罪への関与は明確に示されているにもかかわらず、その威光はいまだに衰えを見せません、少しネットを検索しただけでも、古畑の薫陶を受けたお弟子さんの一部が、引き続き冤罪事件の再審請求棄却のために大活躍してきたことが分かります。以上の事実はすべてネット上で複数のサイトで公開されており、独立自尊の姿勢を持っていらっしゃる方は、誰でもその真偽のほどを確認することができますが、医学部では決して教えてもらえません。

著者プロフィール

池田正行(高松少年鑑別所 法務技官・矯正医官)●いけだまさゆき氏。1982年東京医科歯科大学卒。国立精神・神経センター神経研究所、英グラスゴー大ウェルカム研究所、PMDA(医薬品医療機器総合機構)などを経て、13年4月より現職。

連載の紹介

池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」
神経内科医を表看板としつつも、基礎研究、総合内科医、病理解剖医、PMDA審査員などさまざまな角度から医療に接してきた「マッシー池田」氏。そんな池田氏が、物事の見え方は見る角度で変わることを示していきます。

この記事を読んでいる人におすすめ