日経メディカルのロゴ画像

トンデモ医事裁判を支える人々~その1~

2014/06/13

 車を運転する人が保険に入るのは、好むと好まざるとに関わらず、交通事故に巻き込まれることを心配しているからです。東日本大震災以来、地震、原発、津波の心配をする人も増えました。では、医事裁判についてはどうでしょうか?

科学も医療を知らずに医師を裁く人々
 今国会に関連法案が提出された医療事故調査制度では、制度設計に関わった厚生労働省の医系技官に対して、大いに不満を持っている読者もいるでしょう。「医師免許を持っていても、現場を知らない役人どもが何を言うか」というわけです。しかし、そんな読者も、医療事故調の出口である医事裁判が、医師免許はおろか、解剖学一つ学んだことのない人々によって支配されている事実を明確に意識しているでしょうか?

 警察官も検察官も裁判官も、解剖学を学んだこともなければ、家庭医学書を通読したこともありません(35万人に及ぶ日経メディカルオンライン読者の中で、彼らに系統的に科学や医療を教えた経験のある人がいたら、ぜひ私に教えてください)。その彼らが、100年以上前にできた刑法を使って、医師を業務上過失で逮捕し、取り調べ、送検し、起訴し、有罪とならないまでも、キャリアに取り返しのつかないダメージを与える1)。それが現代の医事裁判です。言われてみれば当然の、そんな事実に今まであなたが気付いていなかったとしたら、それは取りも直さず、医事裁判に対するあなたの当事者意識の欠如・思考停止の結果です。

業務上過失では医療過誤の原因究明はできない
 例えば、自分が突然出張先で倒れた場面(もちろん原因不明)を考えてみれば、どんな診療行為にも複数の情報源、複数の人による複数の判断が関わることが容易に理解できます。ましてや裁判沙汰になるような医療過誤では、必ず複数のシステムエラーと複数のヒューマンエラーが複雑に絡み合って生じます。ところが、業務上過失はあくまで特定の個人を罪に問うものです。

 業務上過失では、病院や病棟というシステムや、検査機器を逮捕し取り調べることはできません。医療過誤の際に、患者やその家族が求める真相究明と事故再発防止は、業務上過失では不可能なのです。それどころか、業務上過失は、チーム医療の中で生じる医療過誤の責任を、すべて特定の個人だけに押しつける冤罪(えんざい)を必然的に創り上げてしまうのです。にもかかわらず、警察官も検察官も裁判官も、業務上過失により全ての医療過誤の原因が完全に究明できて、患者やその家族の期待に応えられると本気で信じています。このような誤った使命感・万能感により、自分は科学や医療のことは何も知らないという自覚を喪失したまま、彼らは一路立件・有罪にまい進するのです2)

 肋骨が何本あるかも知らない刑事が業務上過失致死でベテラン心臓血管外科医を取り調べ3)、調書を自作し(肋骨の本数も知らないのですから、本人から調書が取れる訳がありません)、肋骨が何本あるかも知らない検察官・裁判官が、起訴し判決文を書く。それは決して、三谷幸喜の書いた脚本の筋書きではなく、現実です。今日も同様の悲劇が日本国中で起こっています.

 科学も医療も知らない警察官・検察官・裁判官たちが一旦走り始めたら、だれも彼らを止めようとはしません。それどころか、多くの人々が彼らをあおり、彼らの誤った使命感を自らの利益確保のために利用します。扇情的な見出しで売り上げ増を目論むメディアはもちろん、逮捕者周辺の医師たちも、問題となった医療過誤の原因究明などそっちのけ、見て見ぬふりをするのはまだいい方で、これ幸いとばかりに逮捕者だけに責任を押しつけて自分たちの利益を守ろうとする輩も出る始末です3)

著者プロフィール

池田正行(高松少年鑑別所 法務技官・矯正医官)●いけだまさゆき氏。1982年東京医科歯科大学卒。国立精神・神経センター神経研究所、英グラスゴー大ウェルカム研究所、PMDA(医薬品医療機器総合機構)などを経て、13年4月より現職。

連載の紹介

池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」
神経内科医を表看板としつつも、基礎研究、総合内科医、病理解剖医、PMDA審査員などさまざまな角度から医療に接してきた「マッシー池田」氏。そんな池田氏が、物事の見え方は見る角度で変わることを示していきます。

この記事を読んでいる人におすすめ