日経メディカルのロゴ画像

“天下のやぶ”と呼ばれて

2014/02/21
池田正行

 「池田意見書がA子の容体急変の際の症状を考慮する前提を決定的に誤っていることは明らかであって、その意見が失当であることは論を持たないのである」1)

 これは、北陵クリニック事件に関連し、被害者の1人とされたA子さん(当時11歳)の診療録を検証して筋弛緩剤中毒を完全に除外し、ミトコンドリア病と診断した私の意見書2)に対する仙台地方検察庁の検事の評価です1)。検事にとっての“名医”とは、臨床判断の妥当性とは何の関係もなく、自分たちの主張を支持してくれるお医者様なのであって、診療録を検証して真実を明らかにするような不埒者は、天下に隠れもなき“やぶ医者”にほかならないというわけです。

 私が北陵クリニック事件に関わるようになってから3)4)、早くも4年の歳月が経ちました。それまで民事訴訟に備えて証拠保全された診療録を10例以上検証していた私にとっても、A子さんの診療録検証作業は、わが目と耳を疑うどころか、それまで私が科学捜査や医事裁判に対して抱いていた無邪気な思い込みを、根底から木っ端微塵に吹き飛ばすような事実の連続3)4)でした。お蔭さまで“やぶ医者”呼ばわりにも驚かなくなりました。

 ベクロニウム中毒という虚偽の診断をA子さんに貼り付け、今日まで14年もの間、国の難病指定を受ける機会を奪い、正しい診断の下に必要な治療を受ける権利を踏みにじり続けてきた検察当局2)にとって、公文書上で医者一人を“やぶ”呼ばわりするぐらい朝飯前です。北陵クリニック事件の問題点は多岐にわたりますが、今回は、ミトコンドリア病の患者を診断し、必要な治療を受けてもらおうとした神経内科医を“やぶ医者”呼ばわりしてまで、自分たちと、今は高位の職にある先任者たちの面子を守ろうとした検事の行動・心理について考えてみます。

医学無用の医事裁判
 取り調べをしていた刑事が突然、号泣し始めたのです。そして、こう叫びました。「これだけ社会問題になると、だれかが悪者にならなきやいけない。賠償金も遺族の言い値で払われているのに、なぜこんな難しい事件を俺たちが担当しなきゃいけないんだ」5)

 2001年の東京女子医大事件で、業務上過失致死容疑で逮捕・起訴され、無罪となった佐藤一樹氏が、取り調べ途上で起こった印象的なできごととして語っています。

 ヒトの肋骨の本数さえ知らない刑事が、限られた拘留期限の中で、中立的な立場にある医師の助言一言もなしに、ベテラン心臓血管外科医を逮捕し取り調べ、有罪の証拠を固めて、検察庁に身柄を送検する。そして検事が何の躊躇(ちゅうちょ)もなく起訴する。それは決して空想科学物語でも吉本新喜劇のシナリオでもなく、現実に起こった悲劇です。そしてこの医事裁判の悲劇の構造は、今日まで何ら修正されることなく、連綿として維持されています。

著者プロフィール

池田正行(高松少年鑑別所 法務技官・矯正医官)●いけだまさゆき氏。1982年東京医科歯科大学卒。国立精神・神経センター神経研究所、英グラスゴー大ウェルカム研究所、PMDA(医薬品医療機器総合機構)などを経て、13年4月より現職。

連載の紹介

池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」
神経内科医を表看板としつつも、基礎研究、総合内科医、病理解剖医、PMDA審査員などさまざまな角度から医療に接してきた「マッシー池田」氏。そんな池田氏が、物事の見え方は見る角度で変わることを示していきます。

この記事を読んでいる人におすすめ