日経メディカルのロゴ画像

医事裁判における天動説-トンデモ判決が生まれる構造

2011/10/28

 現在、「医師の判断が常に100%正しい」と信じている人はいないでしょう。しかしかつて、この種の信仰が、あたかも真実のように取り扱われていた時代がありました。

 「命を預けているお医者様に逆らうとひどい仕返しをされる。だから、お医者様の無謬性を信じていた方が幸せに生きていける」。かつて多くの人がそう信じていたのです。それは、地動説を声高に主張して教会とあえて事を構えずとも、天動説を信じて(いるふりをして)幸せに生きていこうとしていた人々の姿とも重なります。

 診療における医師の無謬性が幻なのと同様、裁判一般における裁判官の無謬性も“信仰の力”なしでは維持できません。ましてや診療の適否に対する裁判官の無謬性を心底から信じられる人はいないでしょう。

 私は若い頃、大学医局の症例検討会で、教授と助教授との間で診断に関する見解が大きく対立する光景をしばしば見てきました。二人とも当代きっての臨床家といわれていたぐらいですから、当時の私にはどちらが正しいか全く分かりませんでしたし、後になってみるとどちらも間違っていたなんてこともありました。同様の経験をお持ちの方も多いと思います。

 医事裁判においては、対立する双方の陣営からそれぞれの鑑定医が意見を提出します。そもそも双方が真っ向から対立しているが故に裁判になるのですから、当然鑑定も真っ向から対立します。その鑑定結果を参考としながら、裁判官はどちらが正しいか判断を強いられるのです。

 医師が医療に関してのみ―それも多くの場合、自分の専門領域で-判断を下せばいいのに比べると、裁判官は辛い立場にあるといわざるを得ません。決して裁判官個人を責めるわけにはいきませんが、このような構造的な問題を抱えている以上、“トンデモ判決”といわれる誤判が医事裁判で多発するのは当然です。
 
 近年、「医学鑑定を医療側が十分検証すべき」という議論が活発になっていますが1)、個人的には今後、医療が関わる刑事裁判でも利益相反問題のない複数の医師による検証が必須だと考えています。実際、民事医療訴訟においては、既に千葉地方裁判所では複数鑑定が、東京地方裁判所ではカンファレンス方式の鑑定が行われています2)

医師が声を上げなかった仙台筋弛緩剤中毒“事件”
 私は2011年1月5日付けの本サイト上で、いわゆる「仙台筋弛緩剤中毒“事件”」には事件性がなく、診断が誤っていると指摘しました(関連記事:2011.1.5「『筋弛緩剤中毒事件』は無罪だと断言できる根拠」)。上記の構造的問題を抱えていたのは、この裁判も同じです。真っ向から対立する検察と弁護側双方の麻酔科医(ともに大学教授)のどちらの診断が正しいか、臨床を全く知らない裁判官が判断を強いられたのです。

 さらに、この裁判には特有の問題がありました。どういうわけか医学鑑定が行われなかったのです。そもそも説明責任を果たすための鑑定が行われず、文書が残されていなければ、どんないい加減な主張でもその検証は困難です。

 判決の中で診断に関わる部分の根拠となっているのは、当該患者を直接診療していない2人の麻酔科教授の法廷での証言記録、つまり検察官や弁護人との問答の口述筆記のみでした。証言は鑑定とは異なり、一般市民向けの解説に過ぎませんから、証拠保全した診療録を二人がそれぞれどこまで読み込んで、どこをどう解釈して証言したのかも分かりません。証言のみでは後からの検証に耐えられないのです。私は以上のような問題点を踏まえて、証言記録と併せて、最も重要な原資料である診療録を検証しました。そして誤診を確信したのです。

著者プロフィール

池田正行(高松少年鑑別所 法務技官・矯正医官)●いけだまさゆき氏。1982年東京医科歯科大学卒。国立精神・神経センター神経研究所、英グラスゴー大ウェルカム研究所、PMDA(医薬品医療機器総合機構)などを経て、13年4月より現職。

連載の紹介

池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」
神経内科医を表看板としつつも、基礎研究、総合内科医、病理解剖医、PMDA審査員などさまざまな角度から医療に接してきた「マッシー池田」氏。そんな池田氏が、物事の見え方は見る角度で変わることを示していきます。

この記事を読んでいる人におすすめ