日経メディカルのロゴ画像

成長期のメタボリックシンドローム

2007/05/10

 小児メタボリックシンドロームについても診断基準の検討が進められている。

(1)脂質は中性脂肪1dL中120mg以上または善玉コレステロール1dL中40mg未満
(2)空腹時血糖1dL中100mg以上
(3)血圧が最高(収縮期)125mmHg以上または最低(拡張期)70mmHg以上
腹回り80cm以上、かつ、2つ以上を満たすと「小児メタボリックシンドローム」 (熊本日日新聞2007年2月21日付夕刊メディカル)

著者プロフィール

牧瀬洋一(牧瀬内科クリニック院長)●まきせ よういち氏。1984年鹿児島大卒後、同大第一内科入局。大隅鹿屋病院などを経て、95年牧瀬内科クリニック(鹿児島県大崎町)開業。98年に有床診化(19床)。

連載の紹介

牧瀬洋一の「内科開業医のお勉強日記」
内科開業医として、呼吸器を中心に地域の患者を幅広く診察している牧瀬氏。JAMA、Lancet、NEJM、BMJをはじめ、主要論文誌をインターネットで読むのが日課。興味を引かれた論文を、牧瀬氏が紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ