日経メディカルのロゴ画像

運動と食事制限による減量に相違なし?

2007/03/10

 運動食事制限のどちらで減量しても、体組成脂肪分布の変化の違いはない、というのはちょっと意外な気がする。先行する研究(The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism.2005;90:1511-1518.)では、2型糖尿病女性において内臓脂肪量の有効な減少には運動が必要と報告されていたためである。運動の種類によらず、体組成・脂肪分布の違いが本当にないのか知りたいところだが…。

 今回行われたのは、overweightだが、他の疾患を持たない16人の男性と19人の女性のランダム化試験で

・カロリー制限(カロリー制限:摂取エネルギー25%減少)のみ:CR群
・カロリー制限+運動(摂取エネルギー12.5%減少+運動エネルギー消費量12.5%増加):CR+EX群
・対照群

著者プロフィール

牧瀬洋一(牧瀬内科クリニック院長)●まきせ よういち氏。1984年鹿児島大卒後、同大第一内科入局。大隅鹿屋病院などを経て、95年牧瀬内科クリニック(鹿児島県大崎町)開業。98年に有床診化(19床)。

連載の紹介

牧瀬洋一の「内科開業医のお勉強日記」
内科開業医として、呼吸器を中心に地域の患者を幅広く診察している牧瀬氏。JAMA、Lancet、NEJM、BMJをはじめ、主要論文誌をインターネットで読むのが日課。興味を引かれた論文を、牧瀬氏が紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ