日経メディカルのロゴ画像

勤務医と開業医の情報伝達は十分か

2007/02/28

 ポイントを押さえた紹介状や院時サマリーをいかに書くかというのは、病院勤務医と開業医の両者にとって、永遠なる課題なのかもしれない。患者の問題点が整理されていれば自ずとポイントもはっきりしているはずなので、結局は臨床の能力にかかわることなのかもしれない。

著者プロフィール

牧瀬洋一(牧瀬内科クリニック院長)●まきせ よういち氏。1984年鹿児島大卒後、同大第一内科入局。大隅鹿屋病院などを経て、95年牧瀬内科クリニック(鹿児島県大崎町)開業。98年に有床診化(19床)。

連載の紹介

牧瀬洋一の「内科開業医のお勉強日記」
内科開業医として、呼吸器を中心に地域の患者を幅広く診察している牧瀬氏。JAMA、Lancet、NEJM、BMJをはじめ、主要論文誌をインターネットで読むのが日課。興味を引かれた論文を、牧瀬氏が紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ