日経メディカルのロゴ画像

パンは危険な食べ物?

2006/12/09

 PLAYSTAION(PS)3を年甲斐もなく購入した。「まいにちいっしょ」という番組ソフトがおもしろくて毎日拝見しているのだが…。ある日のプログラムに、「パンは危険な食べ物」というのがあった。

(1)犯罪者の98%はパンを食べている
(2)パンをよく食べる子供の約50%は、テストが平均点以下である
(3)犯罪の90%は、パンを食べてから24時間以内に起きている
(4)赤ん坊にパンを与えると、のどにつまらせ苦しがる
(5)18世紀、各家庭でパンを焼いていたころの平均寿命は50歳だった
(6)80%以上の人が、48時間以内に2回以上パンを食べてることから、中毒性が疑われる
(7)パンを食べなくても、重大な科学的事実と無意味な統計の区別がつかない人が多い


 

著者プロフィール

牧瀬洋一(牧瀬内科クリニック院長)●まきせ よういち氏。1984年鹿児島大卒後、同大第一内科入局。大隅鹿屋病院などを経て、95年牧瀬内科クリニック(鹿児島県大崎町)開業。98年に有床診化(19床)。

連載の紹介

牧瀬洋一の「内科開業医のお勉強日記」
内科開業医として、呼吸器を中心に地域の患者を幅広く診察している牧瀬氏。JAMA、Lancet、NEJM、BMJをはじめ、主要論文誌をインターネットで読むのが日課。興味を引かれた論文を、牧瀬氏が紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ