日経メディカルのロゴ画像

ウエスト径増加は運動不足や過食が原因?

2006/08/23

 メタボリックシンドロームの概念が検診に組み込まれつつある。検診に入るということは、後天的な是正、つまり生活習慣などによる是正が可能という判断があるからであろう。

 しかし、このメタボリックシンドロームに関して、先天的な要因を示唆する報告がある。好気的運動能力そのものが、心血管リスクとなる可能性を示唆する研究が発表されている。

11世代以降、メタボリックシンドロームを構成する心血管リスク要因を持つ、好気的運動能力の低いラット系を確立。このラットは、好気的運動能力の減少は、骨格筋内の、ミトコンドリアの biogenesisの要求するtranscription factor総量を減少し、酸化酵素の総量が減少。ミトコンドリア機能の障害は、心血管・代謝疾患のfitnessの減少と関連(Science21.2005;307:418-420)。

著者プロフィール

牧瀬洋一(牧瀬内科クリニック院長)●まきせ よういち氏。1984年鹿児島大卒後、同大第一内科入局。大隅鹿屋病院などを経て、95年牧瀬内科クリニック(鹿児島県大崎町)開業。98年に有床診化(19床)。

連載の紹介

牧瀬洋一の「内科開業医のお勉強日記」
内科開業医として、呼吸器を中心に地域の患者を幅広く診察している牧瀬氏。JAMA、Lancet、NEJM、BMJをはじめ、主要論文誌をインターネットで読むのが日課。興味を引かれた論文を、牧瀬氏が紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ