日経メディカルのロゴ画像

シンガポールで経験した“常識外”の症例(その2)
原因不明の低血糖、男性が飲んでいたのは…

2013/01/22
大西洋一

 前回は軟便が軽快しない乳児の症例を紹介しましたが、その後も似たような相談を受けたことがあります。もう少し大きな1歳半くらいの日本人のお子さんだったのですが、問診や診察をしてもこれといった下痢の原因が見当たりません。そこで、「あのときと同じようなケースか?」と考え、母乳を増やすために薬を飲んでいないか、お母さんに聞いてみました。

 しかし、結果は空振り。仕方ないので、やはり整腸剤で様子を見ることに…。

母親のダイエット用お茶に入っていたものは?
 数日後にその親子が再びやって来ました。すると、常用していたお茶をやめたら、お子さんの下痢がぴたりと治まったとのこと。前回の受診後、「何か服用しているものはないか」と私に尋ねられたことを思い出し、ダイエット効果があると友人に勧められて飲んでいたお茶が原因かもしれないと考え、飲むのをやめてみたそうです。このケースでは、薬剤でなく母乳から移行したダイエット茶の成分が原因だったようです。

 ちなみに、そのお茶はチャイナタウンで販売されていた中国製のもの。ひょっとしたら天然成分だけでなく、何か薬剤が混ぜられていたのかもしれません。日本でも以前話題になりましたが、シンガポールでも、やせ薬としての効果があるという中国製の漢方薬に甲状腺ホルモン製剤や覚醒剤の一種などが混入されており、取り締まりの対象になったことがあります。

糖尿病歴のない男性が昏睡状態に
 お茶のケースと似たような話ですが、もっと深刻な例もありました。インドネシアに単身赴任で駐在中の日本人男性(50歳代)が自室で昏睡状態になっているところを同僚が発見。現地の病院では対応しきれず、シンガポールのラッフルズホスピタルまで搬送されて来たことがあります。

 集中治療室に入院となり、患者が日本人ということで、私が主治医から相談を受けました。主治医の話では、検査データや画像診断上、原因を示唆する所見は唯一、インドネシアの病院へ救急搬送された直後に行った血液検査での異常な低血糖だけ。つまり、患者は何らかの原因で低血糖発作を起こし、意識不明となって発見されたのです。

 ところが、この患者に糖尿病の既往歴はなく、もちろん血糖降下薬も内服していませんでした。当日も特に変わったところはなく、普通に生活していたそうです。主治医は、「何が原因で低血糖を起こしたのか分からない。実に不可解だ」と困惑していました。

著者プロフィール

大西 洋一

ラッフルズジャパニーズクリニック院長

1992年に千葉大を卒業し、同大呼吸器内科に所属。2001年より2年間、シンガポール日本人会診療所にて在星邦人の診療に当たる。03年、ラッフルズホスピタルと共同でラッフルズジャパニーズクリニックを設立。10年には上海にもジャパニーズクリニックを開院。現在はシンガポールに家族を残して上海へ単身赴任し、診療を行う日々。目標は日本にラッフルズ病院を作ること。得意なことはネゴシエーション、苦手なことは英会話。

この記事を読んでいる人におすすめ