日経メディカルのロゴ画像

日本で診ることのない症例にオロオロ(その2)
これが教科書で読んだデング熱?

2012/03/06
大西洋一

 前回に引き続き、日本で出くわすことはないけれど、シンガポールではわりとありふれた疾患について、私がシンガポールの日本人会診療所に赴任して間もないころのエピソードをご紹介したいと思います。今回は、当地で働き始めて1カ月後くらいの出来事です。

 外来にやって来た30歳くらいの独身男性は、食品会社に勤める駐在員でした。「昨日から急に高熱が出て体がだるい」ということで来院。気道症状などの局所症状はなく、身体上も特に所見はありませんでした。何らかのウイルス感染という感じで、日本での診察ならインフルエンザを疑うところです。

 しかし、シンガポールでこうした症状の患者を診たときに、鑑別診断として忘れてはならない熱帯特有の疾患があります。デング熱です。デング熱はデングウイルスを保有した蚊に刺されることで感染する伝染病で、4~7日の潜伏期の後、突然の高熱と倦怠感を主症状として発症します。通常は5日程度で解熱しますが、経過中に汎血球減少が進むと、ひどいときには出血傾向が現れ、場合によっては致命的となります。これをデング出血熱と呼びます。

 前回の冒頭で「シンガポールでは、いわゆる熱帯病と呼ばれる感染症などを見かけることはほとんどありません」と書きましたが、デング熱だけは例外です。日本では、国内にいて感染することはまずありませんが、東南アジアなどの渡航先で感染して帰国後に発症するケースはあります。ウイルス保有蚊が飛行機に乗って国内に侵入し、流行が起こるかもしれないという懸念もあるようです。

デング抗体は陰性、自宅安静で経過を見るも…
 さすがに来星(「星」はシンガポールの漢字略称)して1カ月の私でもデング熱の可能性はすぐ頭に浮かびました。しかし、頭にあるのは本からの知識だけで、実地での経験はありません。取りあえず血液検査をしたところ、CRPがごく軽度に上がっていたくらいで、血球検査も生化学検査もこれといった変化はありませんでした。

 デング熱は抗体検査で診断を付けますが、デングウイルス抗体が上がってくるのは通常は発症5日目以降です。一応、このときも検査しましたが、やはり陰性でした。自宅安静で経過を見るしかないので、2日後に再び来院するようお願いして、その日は帰ってもらいました。

 再診時にも依然として高熱があり、患者はだいぶ消耗しているようでした。再び血液検査を行ったところ、抗体は相変わらず陰性でしたが、血小板の減少傾向と肝酵素の上昇が見られました。デング熱の疑いが強くなったので、患者には病状のことや今後起こりうることを説明し、万が一に備えて入院を勧めました。

 日本人会診療所はクリニックですから、入院が必要な場合は現地の病院に紹介しなければなりません。ところが、患者は入院を希望せず、自宅安静で経過を見たいとのことでした。仕方ないので、明日もまた来院するよう伝え、何かあれば私に電話をするようにと連絡先を教えておきました。当時の私は、デング熱は非常に重篤な疾患という認識を持っていました。そういう意味では、シンガポールに赴任して初めて目にした重症患者といえます。

患者と共に大学病院の救急外来へ
 その日の夜10時ごろ、自宅でくつろいでいたところ、その患者から電話が入りました。「やはり入院したいので、今からシンガポール大学病院の『救急外来』に行く」との連絡でした。夜になるにつれて再び熱が上昇したことに加え、一人暮らしということもあって、急に不安になったのでしょう。脅したつもりはないのですが、日中の外来受診時の私の話も不安をあおったようです。私もこうしてはいられないと、その患者と待ち合わせてシンガポール大学病院の「救急外来」に向かいました。

著者プロフィール

大西 洋一

ラッフルズジャパニーズクリニック院長

1992年に千葉大を卒業し、同大呼吸器内科に所属。2001年より2年間、シンガポール日本人会診療所にて在星邦人の診療に当たる。03年、ラッフルズホスピタルと共同でラッフルズジャパニーズクリニックを設立。10年には上海にもジャパニーズクリニックを開院。現在はシンガポールに家族を残して上海へ単身赴任し、診療を行う日々。目標は日本にラッフルズ病院を作ること。得意なことはネゴシエーション、苦手なことは英会話。

この記事を読んでいる人におすすめ