日経メディカルのロゴ画像

日本で診ることのない症例にオロオロ(その1)
長引く咳の原因は「ヘイズ」

2012/03/01
大西洋一

ヘイズにかすむ、高速道路沿いのビル街。

 シンガポールという都市は非常に発展し整備されているので、衛生面でも特に問題はなく、東南アジアにありながら、いわゆる熱帯病と呼ばれる感染症などを見かけることはほとんどありません。「マラリアやアメーバ赤痢の患者が島内で発生」とのニュースをたまに聞くことがありますが、基本的にそれらは輸入伝染病です。

 そういった意味では、来院する患者の疾病特性は日本とさほど変わりません。もしシンガポールで診療に当たることになったとしても、日本で普通に外来診療をできる医師であれば、困ることはあまりないでしょう。

 もちろん、使用する薬剤は現地のものなので見かけや名前が違ったりしますが、成分的に同じものや類似薬もあるので、最初は戸惑ってもすぐに慣れます。そのほか日本と違うのは予防接種くらいでしょうか。これについても最初は勉強が必要ですが、それほど数が多いものでもないので、すぐに覚えるでしょう。

 とはいうものの、日本で出くわすことはないけれど、シンガポール独特の、わりとありふれた疾患というものはあります。それに絡めて、私がシンガポールの日本人会診療所に赴任して間もないころのエピソードを2つ、今回と次回にわたってご紹介したいと思います。

来院したのは専門の呼吸器の患者、いつも通りに診察を進めたが…
 シンガポールに赴任したとき、私は34歳でした。医師としては何でも一通り経験し、自信を持って診療に当たれるようになっていました。診療の点では何も心配していませんでしたが、一つだけ気がかりなことがありました。それは自分の外見のことです。当時の私は他人から若く(30歳程度に)見られることが多かったのです。

 シンガポールに来ている駐在員の中には支店長や現地法人社長を務めている方も大勢いて、彼らは私と同年齢ぐらいの部下を何人も持っています。彼らのような人生経験豊かなビジネスマンから見れば、実年齢よりも若く見える私は、医師とはいえ会社の部下と変わらない若造です。

 よい診療(特に外来)を行うには、医師の知識やスキルは言うまでもなく重要ですが、患者に信頼感や安心感を与えるという意味で、外見も大事な要素だと思います。シンガポールの医師は白衣を着ずにワイシャツとネクタイ姿で診療するのが普通のスタイルだったので私もそうしていましたが、白衣を着るとまるで研修医のように見えてしまっていた私にとっては幸いでした。また、近視で日常的にコンタクトレンズを着用していましたが、「仕事用の顔」を作るため、シンガポールに赴任してからわざわざ伊達眼鏡を作りました。

 ちょっと話がそれましたが、本題に戻ります。1つ目のエピソードは、赴任して2週目ごろのお話です。診療所のしきたりにはまだ慣れないものの、診療自体は日本と同じペースでそつなくこなしていました。そうしたある日、駐在員の奥様らしき40歳代後半の女性が来院しました。主訴は「一度出ると止まらない、長引く咳」でした。

著者プロフィール

大西 洋一

ラッフルズジャパニーズクリニック院長

1992年に千葉大を卒業し、同大呼吸器内科に所属。2001年より2年間、シンガポール日本人会診療所にて在星邦人の診療に当たる。03年、ラッフルズホスピタルと共同でラッフルズジャパニーズクリニックを設立。10年には上海にもジャパニーズクリニックを開院。現在はシンガポールに家族を残して上海へ単身赴任し、診療を行う日々。目標は日本にラッフルズ病院を作ること。得意なことはネゴシエーション、苦手なことは英会話。

この記事を読んでいる人におすすめ