日経メディカルのロゴ画像

ラッフルズジャパニーズクリニック誕生(その2)
人生をかけたプレゼンは拍子抜け?

2012/01/12
大西洋一

ラッフルズメディカルグループのルー・チュン・ヨン会長。

 前回お話ししたように、日本人向けクリニック開業の件で、ラッフルズメディカルグループのルー・チュン・ヨン会長との面接を何とか取り付けたわけですが、さて、そこからが大変でした。

企画書の英訳で最初のヘルプ!
 面接までは2週間ほど。私は連日徹夜で企画書の作成に取り組みました。クリニックの具体的な事業内容から人事、予算、将来の展望など、ルー会長を説得するために入念な企画を立てました。

 当時は医局からシンガポールに派遣されて1年あまり。日本でクリニックの開設に携わったという経験はもちろんありません。シンガポール日本人会診療所で多少はクリニック運営にかかわった経験と、シンガポールで知り合った友人から仕入れた知識で何とか対処しました。

 問題は英訳です。初めから英文で作ればよかったのですが、あいにく当時の私には短時間でそんなことをこなすような能力はなく、手っ取り早く日本語で作ってしまったのです。英訳は業者にでも依頼すればいいと思っていましたが、40ページにも及ぶ文書の英訳を依頼するには時間がなく、費用も馬鹿にならないため、日本にいる友人に頼むことにしました。

 彼女は小学校時代にシンガポールに住んでいた経験があるのですが、彼女のお父さんはもともと石油のブローカーで、アラブ首長国連邦に家族で住んだ初の日本人だそうです。シンガポールでは会社を立ち上げた実績があります。彼女から事情を聞いたお父さんはとても興奮して、「それは面白い。ぜひとも引き受けよう」と承諾してくれたらしく、ほかの用事を全て後回しにし、3日3晩を費やして英訳を完成させてくれました。

 熟練ビジネスマンの視点から、「収支プランやマーケティングプランについてはよくできている」とお褒めの言葉をいただく一方で、「外国人向けのプレゼンテーションはまず最初に結論を明確に示すべき」といった注意もいただきました。この方のサポートがなければ、今の私はありません。ラッフルズジャパニーズクリニックの原点を共に築いてくれた協力者だったのです。

ゆずれなかった3つの条件
 こうしてできあがった企画書を携えて、完成したばかりのラッフルズホスピタルに向かいました。「シンガポールで開業できたらいいなあ」とぼんやり思っていたことが、現実味を伴ってきた瞬間でした。チェアマンオフィスにあるボードルームに通され、ルー会長が現れるのを緊張した面持ちで待っていると、彼はポロシャツ姿のラフないでたちで登場しました。土曜日の午後だったからです。

 ここで少し、ラッフルズメディカルグループとルー会長についてご紹介しておきます。グループ誕生の第一歩が刻まれたのは35年前。大学を卒業して医師になったばかりのルー会長が、友人と共同で小さなクリニックを設立したのです。その後、グループのクリニックは2つになり、4つになり、だんだんと数を増やして、やがてシンガポール島内に30あまりを数えることになります。

 そして1998年、医療機関として初めてシンガポール株式市場に上場を果たしました。日本と違って、シンガポールでは医療機関も株式会社なのです。上場で得た資金を元手に、2002年には総合病院ラッフルズホスピタルをオープンさせました。そんなわけで、ルー会長はシンガポールでは立志伝中の人で、カリスマ経営者として名声を得ています。

著者プロフィール

大西 洋一

ラッフルズジャパニーズクリニック院長

1992年に千葉大を卒業し、同大呼吸器内科に所属。2001年より2年間、シンガポール日本人会診療所にて在星邦人の診療に当たる。03年、ラッフルズホスピタルと共同でラッフルズジャパニーズクリニックを設立。10年には上海にもジャパニーズクリニックを開院。現在はシンガポールに家族を残して上海へ単身赴任し、診療を行う日々。目標は日本にラッフルズ病院を作ること。得意なことはネゴシエーション、苦手なことは英会話。

この記事を読んでいる人におすすめ