お腹を開きっぱなしにする治療法というと、何か得体の知れないあやしげな印象を持たれるかもしれません。実際には、腹壁を開けたまま腸管が常に見えている状態にしておくことを指します。医学的には腹部開放管理(open abdominal management;OAM)と呼ばれます。これを施行する目的は、主に重症外傷に対するダメージコントロール戦略か、腹部コンパートメント症候群の治療です。

お腹を開きっぱなしにする治療法の画像

ログインして全文を読む